尿漏れを治すためには筋トレが重要|薬物療法との併用で効果倍増

検査にのぞむ姿勢

医者と看護師

新宿の泌尿器科では生殖器に関わる治療を専門で行なっています。性病の疑いがあれば迷わず受診しましょう。性病検査は正確なデータが大事なので、前日から体の調子を整えておくと良いでしょう。

詳しくはこちら

負担のない治療方法

男女

成人女性の多くが尿漏れに悩んでいると言われています。特に、女性ホルモンが衰える四十代以降の女性の約三割が、尿漏れの問題を抱えているのです。尿漏れは突然起きるので、今まで好きだったスポーツができなくなったり、旅行に気軽にいけなくなったりして、趣味を楽しむことが難しくなっていくのです。尿漏れには、いくつか種類があります。ネットで自分がどのタイプの尿漏れなのかセルフチェックできるので、確認してみましょう。
特に女性に多いと言われるのが腹圧性の尿漏れです。咳やくしゃみ、大笑いをしたときや、重い荷物を持ち上げた時に尿漏れが起こる場合、腹圧性の尿漏れである可能性が高いです。尿漏れのトラブルは、泌尿器科を受診することで解消することができます。泌尿器科での治療方法は、薬物療法と筋力トレーニングです。尿漏れは、膣周りの筋肉の衰えが原因である場合がほとんどなので、まずは、筋力トレーニングから始めます。筋力トレーニングの方法は、膣やお尻に力を入れたり、抜いたりする簡単なものです。椅子に座りながらできるので、体力のない人でも気軽に行えます。また、泌尿器科では、尿漏れのタイプを鑑みて、患者に合わせた薬を処方してくれるので、安心して飲むことができます。この治療方法でも改善しなかった場合は、外科手術が行なわれます。尿漏れの手術は、両足の付け根や膣壁を小さく切開し、尿道を支えるテープを通すという方法です。手術時間は約三十分で、数日間入院する必要があります。この手術方法は、体に掛かる負担が少ないので、高齢者でも受けられます。

病院選びのポイント

男性

埼玉の泌尿器科で診察する前に、口コミやネットの評判を確認して病院選びを行ないましょう。実際に治療を受けた患者から、医師の腕や医療設備などの情報が投稿されているので、病院を決めるための判断材料として優秀です。

詳しくはこちら

自信に繋がる治療

カウンセリング

新宿にある泌尿器科では、性病や尿漏れの治療以外に、EDの治療も行なっています。衣服を脱がずに診察したり、女性スタッフがいない状況で検査を受けられたりと、プライバシーに配慮した診察環境が整っているのです。

詳しくはこちら